DUCT COVER V5 フィールドテスト in 北軽井沢スイートグラス

積雪の北軽井沢スイートグラスにて、DUCT COVER V5のフィールドテストを行いました。
滞在中は雪は殆ど降らず、周りの積もった雪を崩し、フィールドを固めてからの設営となりました。
今回の設営の特徴は昨年の苦い経験を踏まえて600×450のべニアに薄い断熱材を張り付けたものを用意して、ストーブの下からDUCT COVER V5の
下まで敷き詰めて、熱による雪解けを防ぎましたがこれが大成功!!
また、ランドロックのインナーテントへの熱も断熱材にて防ぎました。

■この時期はここから見る浅間山は最高です!!DSC_0100_30■いつもの看板を立てさせていただきました
DSC_0055_30■外部設置の状況、細かい雪が舞っているのがわかります、気温はマイナス9℃
DSC_0050_30■内部設置状況、ストーブ下の雪の溶解防止用断熱材設置と、インナーテントへの影響防止を実施
またV5用のアルミ製スライド貫通板を利用
DSC_0030_30■設置時にはテント内ストーブとDUCT COVER V5の設置場所をなるべく水平にするために、周りの雪を積んで踏み固めることが必要
DSC_0056_30【注意】積雪の中では、スカート部分に積もった雪にてシェルター全体の密閉度が増すため、必ずベンチレーション窓を開けるだけでなく他の
火器による酸欠や一酸化炭素中毒にならないように換気に気を配る必要があります。
DSC_0074_30
■薪ストーブを使って地元の野菜や食材で作るキャンプの食事は最高です。
DSC_0002_30DSC_0037_30
DSC_0043_30今回も利用させていただいた「北軽井沢スイートグラス」は薪がとっても素敵です!、3袋セットを買うと裏の薪小屋で自分の好きな薪を袋に
いれて持っていけます。
設備も充実していて、暖房付の洗い場とトイレがあるのでマイナス10℃近い極寒でも幸せなキャンプが楽しめます。

北軽井沢スイートグラス

COMMENT ON FACEBOOK