STOVE EQUIPMENT

STOVE DUCT COVER
0B9A5397_20
購入はこちらからlogo_2_10【 製品概要 】
名称:STOVE DUCT COVER V5
概要:市販の薪ストーブをシェルターの中で使用する際に煙突部分の高温から幕帯等を保護すると同時にストーブ本体と煙突の安定設置をすることが目的
仕様:寸法 W=600,D=450,H=600 重量:約9.1kg
材質:ベース板、フロント板、断熱板ともに5.5mm厚のベニヤ材、接合部アングルはアルミ材を加工、煙突支持金具は本間製を加工、煙突の断熱材はニチアスのセラカバーS
塗装:本体耐熱塗装(MAX300℃)
対応ストーブ:
ホンマ製作所製時計型、tent-Mark製 iron-stove改、新保製作所製「FIRE SIDE」等の106mm煙突ストーブ

【 注意事項 】
1.メーカーがストーブ利用を認可していないシェルターやテントでは絶対に使用しないでください。
2.本製品を利用して起きた事故や火災には当社は一切の責任を負いません、自己責任にて利用お願いします。
3.設置時の煙突縦管は910mm管2本以上を利用(1800mm以上)して高さを確保してください。

【 製品画像 】
DUCT COVER V5本体 ストーブ側
※煙突の縦管とエビ曲り管は別売です
DSC_0023_30
DUCT COVER V5本体 煙突(外気)側
※煙突の縦管とエビ曲り管は別売です
DSC_0030_30
収納の方法(キャリングバックから出した状態)
V5-303
付属品一覧

組立及び設置説明ビデオ(DVD)
添付DVD画像_70

断熱材付煙突横管(ホンマ製作所 ステンレス直管φ106mm)
DSC_0128
断熱材付煙突横管(ホンマ製作所 黒耐熱ステンレス直管φ106mm)
断熱材付煙突横管(ホクアイ ホーロブラックステンレス直管φ106mm)

露出部分のビス・ナット類は可能な限り錆にくいステンレス製を採用
かじかんだ手や手袋でも組み立てやすいローゼットビスを採用

DUCT COVER V5 製品説明(開梱から設置まで)

組立と設置説明の動画

スノーピーク製ランドロックでの利用例
DSC_0075_30DSC_0025_30スノーピーク製リビングシェルでの利用例DSC_0002_30 燃焼テストでの温度測定画像
ストーブ本体温度測定「244.7℃」DSC_0168_30ストーブ接続直管温度測定「162.3℃」DSC_0169_30直管断熱材外側温度測定「32.3℃」DSC_0170_30フロント板温度測定「36.8℃」
DSC_0171_30室外直管温度測定「56.9℃」
DSC_0172_30室外直管断熱材外側温度測定「29.7℃」
DSC_0173_30室外断熱板表面温度測定「22.7℃」
DSC_0174_30

 

断熱材(セラカバーS)について 2016年11月4日
STOVE DUCT COVER V5 の煙突横管の断熱材はニチアス株式会社のセラカバーSを採用しており、この製品は「厨房排気ダクトの防火材」として開発されたもので下記に適合しております。
・国土交通大臣認定不燃材料
TOMBO No.4520-S セラカバーS 不燃 NM-8505
・東京都火災予防条例
第3条の2第1項第2号ハの規定に適合
・横浜市火災予防条例
第4条の4第1項第2号ウの規定に適合

この製品をSTOVE DUCT COVER V5 のように、煙突の断熱に利用することをメーカーは公に認めているわけではありません。
当社は独自に利用を重ねたテスト結果と、「高性能の不燃材」にて「断熱」と「配管と距離確保」という目的で採用しております。
つきましてはメーカーの保証等はありませんので、ご利用には十分注意をした上で「自己責任」にてお使いください。
また、利用による変形や破損時は早急に断熱材の交換を行っていただくだけでなく、定期的な交換をお願いいたします。