STOVE DUCT COVER V5 シェルター内設営の追加情報

お客様各位

STOVE DUCT COVER V5 2Rシェルター内設営の追加情報

2Rシェルター内にSTOVE DUCT COVER V5を設置する場合に必要な追加情報です、安全で快適な
「煙突キャンプ」を楽しむために是非一読の上、実施をお願いいたします。

  • 1.薪ストーブ側面からの輻射熱によりインナールームの温度上昇を防ぐため、煙突エビ曲り管45
    度を薪ストーブとDUCT COVER V5の間に装着し、ストーブの位置(角度)をインナールーム
    から遠ざけて、温度上昇を防ぐことを推奨します。
  • 2.薪ストーブ下部からの輻射熱により、キャンプ場の芝に対してのダメージや、冬季では雪の溶
    解を防ぐため、ストーブ台をストーブ脚の下に設置することを推奨します。(450×600のベニ
    ヤ板2枚などで代用可能)

■設営図sdc-v5_%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e8%a8%ad%e5%96%b6

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT ON FACEBOOK